今日はヲフだ~(*´ワ`*)


planetarian~ちいさなほしのゆめ~のレビューはこちらからどうぞ~




という事で、『弟が今来てるので』という理由で研究室を完全にヲフッた(休んだ)どうもきのこです<挨拶


まぁ、アニメイト行ったりえちぃゲーしたりしてたんですけどねっ!(ぉぃwww

まぁまぁ落ち着いて。
では、まずアニメイトで購入したものでもw

画像


魔法先生ネギま!(15)[AA]
真月譚 月姫 (4)[AA]
涼宮ハルヒの公式[AA]


えっと、正直言うと涼宮ハルヒの公式は買う予定ではなかったwww
でもね…アニメイトのポイントカードが貯まったとか、特典がついてる冊子がラスト一冊だったとか、思ったよりサイズが大きかったとかそういう偶発的な事象が重なった結果、いつの間にか買ってしまったのであるwwww

しかし!

これが思ったより良かったwwww
中身としては、A3サイズぐらいのリバーシブルポスターがついてるし、100ページを超えるのにほぼ全てがカラーページで占められており、今までメガミマガジンなどに出ていた書下ろしの絵がほぼ収録されています。また、サイズも大きいものばかりで、十分画集としての役割も示しています。また、声優さん、アニメの監督さんそして原作者の谷川さんとその挿絵を担当しているのいぢさんなどのインタビューなどの収録されており、かなり内容も充実したものとなっています♪

それでもって1260円(税込み)!

これは安いwww
今まで出た中(ファンブックとか)で一番お買い得感満載ですw
ハルヒファンなら一冊持っておいてもいいかなぁと思える内容になってますねw


さて、と。
続いてはえちぃゲーもといギャルゲーのことでもw

昨日までプリズムアーク(*´Д`)
とのたまっていましたが…今日は弟も来ているという事で遠慮してギャルゲーしてました。

そこ!そんなの遠慮じゃないとか言わない!

とまぁ、そんな同でもいいことは置いておいて(ぇー
今日やった作品ですが…

planetarian~ちいさなほしのゆめ~[AA]

です。
この作品、プリズムアークとほぼ同時に届いていたのですが…思っていたよりプリズムアークにはまってしまい、このままでは積んでしまう!と思ったのでやって見ました。
前評判から短いよ~ということは聞いていたのですが、ここまで短いとは思いませんでしたw
プレイ時間は…2時間弱でしたねw
まぁ、うちが読むのが早い&声を最後まで聞かない人なのでそれだけ早くなったのかとw
他の人に聞いたらそれでも4時間ぐらいといっていたのでそれぐらいなのでしょうねw
ではでは、ネタバレを含まないように心がけた感想をどぞw


■シナリオ
あまり書くとネタバレになりますが、この話には登場人物は2人しか出てきません。主人公と、ほしのゆめみ です。
この二人の短くとも暖かい、そして切ない物語です。
流石Keyというだけあって、かなり感動しましたね。流石にクラナドの風子ルートとかまで行きませんでしたが…零れないまででも涙はたまりましたよ。
短い中でも主人公に感情移入させる技術は流石だと思います。


■キャラクター
については、一人しか出ないので割愛したいところですが…これがもうかわいいのなんのってw
ええ、ツボリましたよw最初、パッケージを見たときはキャラ買いしそうになりました(ぉ
外見に似合わずかなりしゃべりますww
しかし、かなり守ってやりたくなるタイプで…もぅ、もう!<バカ


■システム
えっと、シナリオのところで各項目かもしれませんが、この作品は選択肢というものが存在しません。変わりに、途中で中断する場合は栞を挟むということができます。つまり、小説を読んでる感じですね。これについては人それぞれあると思いますが、うちとしては全然構いませんね。むしろ選択肢がない分物語に集中できますし、この分量から考えると十分だと思います。
さて、システム周りに関して少し。この作品、フル画面になる部分が少ししかありません。つまり、上の方にグラフィックが出る枠があり、文章は下の方の別枠に表示されるようになっています。
そのため、少しグラフィックが小さく感じることがありました。できれば、フル画面でCGを表示させてそれに文字を重ねて欲しかったなぁと思いましたね。グラフィックが映る画面が小さかったので、少しもったいないという感じがしました。
それ以外に関したは問題ないかと。ロード時間とか皆無でしたしw


■総評
これは、ゲームというよりは映画もしくは小説として捉えた方がいいかもしれませんね。
2時間から長くて5時間ということを踏まえても、小説つきの映画のDVDを3000円で買ったと思えば十分対価を払っているような感じを受けます。なので、えちぃゲー&ギャルゲーを絵+声がついた小説ととらえていたうちにとっては十分満足の行く作品でした。
逆に、普通のギャルゲーを求めていた人としては少し物足りないという感じを受けるかもしれませんね。
また、この作品の初回版についてきた小説の内容は、まだ読んでいないのですが、冒頭部分を読んだ限り作品の30年前の初めてそこに赴任してきてからのことを書いているようでした。
これは、かなり作品とリンクしており、かつえちぃゲーで言うファンディスク的な役割を持っているため、できることならクリア後に読んでもらいたい作品だと思います。
この小説は現在、初回特典として付いていますが…できる事なら書店などで一般販売もしてもらいたいなぁとか思ってますね。
とまぁ、色々と書いて来ましたが…3000円という値段を考えると十分満足の行くできでした。時間の無い人にもすぐ読みきることができるというお手ごろ感も、シナリオの厚みもお勧めできるポイントですね♪


■最後に
『天国を二つに分けないで下さい』

この言葉を聞くと、凄いじんわりと来ます。



ではでは、また明日に~(*´ワ`*)ノシ

…明日は測定地獄だ(ぇ

この記事へのコメント

2006年08月29日 02:47
そそ、小説!てかんじでしたね、プラネタリアン。良かったですよねぇ・・・。
最後はホント切なかったです(ノ_<。)
小説の最後の方を読むと更に(><。)。。
どうせならいたる絵が良かったですが(まだ言ってるww
ハルヒよさげですね!!私も欲しいかも。カラーが多いのは惹かれます~><
月姫私も読まないと!!家にあるけどまだ読んでませんです。今から読みます♪
きのこ
2006年08月30日 09:54
のんのんさんこんにちは♪
本当に小説って感じでしたw これぐらいの分量が丁度いいですね~♪ さくっと終わることができましたし(*´ワ`*)
>小説の方を読むと
マジですか~電車の中で読むので泣かないように我慢しないとw
>ハルヒ
いやぁ、予想外によかってびっくりですw どうやら品薄になっているらしいのでご購入は早めにどうぞと言ってみるw

ではでは、またお越し下さいませ~♪